世界で絶滅の危機にある霊長類トップ25種を、国際自然保護連合(IUCN)種の保存委員会霊長類グループなどがまとめた。2017年にインドネシア・スマトラ島で見つかった「タパヌリ・オランウータン」も入った。専門家らは「狩猟と世界的な熱帯林の減少が、多くの絶滅危惧種にとって脅威になっている」と指摘している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます