台風19号の大雨で、東京電力福島第一原発事故の除染で出たごみを入れた袋(フレコンバッグ)が川に流れ、入っていた草木など10袋分が川に流失していたことがわかった。福島県田村市が16日、明らかにした。市はさらに流出した袋がないか調査を続ける。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます