様々な組織になるiPS細胞を、多くの人が利用できる医療につなげるには、安定した品質の細胞を大量に培養することがカギだ。これまでは手作業に頼っており、生産性の低さや高コストが課題だった。将来を見据えて自動で培養する装置の開発が進められている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます