ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、過去2度の優勝を誇る豪州が19日、大分スポーツ公園総合競技場でイングランドとの準々決勝に臨む。ただ、そこには、本来ならいるはずだったラグビー界有数のスター選手がいない。73キャップ(代表同士の公式戦出場数)を持つバックス、イズラエル・フォラウ(30)。インスタグラムで同性愛者を中傷する投稿をしたとして、豪州ラグビー協会に契約を解除され、代表選手になる権利を失った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます