記録的な大雨をもたらした台風19号で、河川の堤防決壊が福島県などで新たに確認され、100カ所を超えたことが17日、国土交通省のまとめで明らかになった。一方、被災地域を中心に17日午後以降、雨が予想され、少しの雨でも洪水や土砂災害の危険が高まっているとして、気象庁が警戒を呼びかけている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます