高校に入学したての1年生が自然の中で炊事やまき割りなどの勤労を体験しながら同級生との絆を培う――。そんな目的のもと、高校生の集団宿泊訓練施設として30年前に設立された「静岡県立富士山麓(さんろく)山の村」(富士宮市)が、今月いっぱいで閉鎖される。施設の老朽化に加え、設立当初に比べて利用校が激減したことが理由という。いったい、どうして?…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます