日本で働く外国人が増え、日本語を教える必要がある子どもたちも増えている。「教育を受ける権利」はすべての子どもたちにあるが、海外から移り住んだ子どもたちを取り巻く教育環境はさまざま。日本の公教育に溶け込めず苦労する子どもたちも少なくない。「学びの機会」をどう確保していくのか。公教育と民間、それぞれの模索が続いている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます