岡山大は、植物の光合成で、酸素を生み出す直前の分子状態を精密に解析することに成功した。新世代のクリーンエネルギー源として期待されている人工光合成の実現に貢献する一歩だという。成果は18日付米科学誌サイエンスに掲載された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます