日本で働く親らとともに、海外から移り住む子どもたちが増えている。日本語をどう学んでもらうかという課題とともに、「コインの裏表」のようなもう一つの課題も浮上している。子どもにとっての「母国」の言葉や文化を持ち続けてもらうという課題だ。成長の途中で日本語と母語の「二つの言葉」に挟まれ、周囲に理解されにくいストレスを抱えてしまう子どもは少なくない。いくつかの学校や地域で模索が始まっている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます