プロ野球のドラフト(新人選択)会議が17日午後5時から、東京都内のホテルで始まった。高校生で史上最速の163キロを記録した佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)は1位指名で4球団、今夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した石川・星稜高のエース、奥川恭伸(やすのぶ)投手は3球団が競合した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます