米国のペンス副大統領は17日、訪問先のトルコでエルドアン大統領との会談後に会見し、トルコ軍がシリア北東部で続ける少数民族クルド人武装組織「人民防衛隊」(YPG)への越境攻撃をめぐり、5日間にわたって「停戦」することでトルコ側と合意したと発表した。一方、トルコのチャブシュオール外相も会談後に会見したが、合意は「停戦ではなく(攻撃の)一時停止」と断言した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます