大手電力10社でつくる電気事業連合会は18日、関西電力役員らによる金品受領問題を受けて9日付で辞任した岩根茂樹氏(関電社長)の後任の会長に、中部電力社長の勝野哲氏が就任したと発表した。18日付。この日、岩根氏を除く各社の社長らが協議し、選出された。勝野氏は岩根氏の前任として今年6月まで電事連会長を務めており、異例の「再登板」となる。午後に記者会見する。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます