訪日ツアー客の落ち込みが進む韓国で、「和」を活用する国内観光施設が悲鳴を上げている。若者に人気だった日本式の古民家街は閑古鳥が鳴き、和食店を並べる予定にしていたビルは開業を延期した。先の見えない政府間の不和に、日本離れが加速している。(ソウル=武田肇、鈴木拓也)…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます