2014年に西アフリカで大流行し、世界を緊張させたエボラ出血熱。致死率が高く、各国は今も持ち込みに神経をとがらせる。一方で、原因となるウイルスの研究や治療薬の治験も進んできた。感染症との闘いは続いている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます