ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、日本が20日の準々決勝(東京スタジアム)で南アフリカと対戦する。この日は、日本ラグビーの礎を築いた一人で「ミスター・ラグビー」と称された平尾誠二さん(享年53)の命日。家族や選手は平尾さんへの思いを胸に、日本にとっての新たな挑戦の舞台に臨む。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます