水俣病の犠牲者慰霊式が19日、熊本県水俣市の「水俣病慰霊の碑」前で営まれた。公式確認から63年経ち、患者認定しないまま被害者救済を図る水俣病被害者救済法(特措法)の施行から10年となった。患者や遺族、原因企業チッソの関係者、小泉進次郎環境相ら計約830人が出席し「悲惨な公害を二度と繰り返さない」と誓った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます