エスパー米国防長官は19日、シリア北部から撤退する米軍部隊約1千人全員をイラク西部に移す計画を明らかにした。過激派組織「イスラム国」(IS)の掃討作戦を継続し、「イラクの防衛を支援するため」としている。アフガニスタンに向かう機中で記者団に明らかにした。ロイター通信などが報じた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます