早稲田大法科大学院の学生たちが、原発被災地の福島県浪江町で町民への聞き取り調査を続けている。将来の法律家に、現場の声を聞いて何ができるか考えてもらおうと、有志の教員らが3年前に始めた。法学部と法科大学院を経て法曹資格を得る期間が来春から短縮されるため、こうした教育に時間をかけられなくなるのではない…

無断転載・複製を禁じます