ラグビーの第9回ワールドカップ(W杯)日本大会の準々決勝で敗退した日本代表が21日、東京都内で大会総括の記者会見を開いた。チームを初の決勝トーナメント進出に導いたジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC、49)は「ハードワークを続けてきた結果のベスト8。誇りを持ってW杯を戦うことができた」と話した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます