街全体が「温泉」になったようだった。ラグビー・ワールドカップ(W杯)の予定5試合が終わった20日夜も、大分市の中心市街地は熱気に沸いた。ウェールズファンの集団が「ニッポン」コールで日本代表を応援したり、見知らぬ同士が商店街ですれ違いざまにハイタッチしたり、シャツを交換したり。様々な国の人たちが、はだかの心でふれあった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます