香港政府が犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を立案する発端となった台湾での殺人事件をめぐり、別の罪に問われて香港で服役していた香港人の男が23日、刑期満了で出所した。男は被害者の遺族に謝罪したうえで、台湾当局に出頭する意向を示した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます