世界で活躍し、日本でも人気のピアニスト、アリス・紗良・オットさん(31)は、今年2月、難病の「多発性硬化症」と診断されたことを公式ホームページで公表しました。一時は将来の不安にさいなまれたオットさんでしたが、闘病を経た今の演奏は、「音色が明るくなった」と評されるそうです。そこに至るまでに何があったのでしょうか。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます