ソフトバンクグループ(SBG)が、シェアオフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーへの巨額の金融支援を決めた。その規模は実に95億ドル(約1兆円)。すでにSBGはグループでウィー社に1兆円超も投資している。同社の上場で巨額の利益を得るはずだったが、企業価値の急落で上場は頓挫。もくろみは外れた。投資会社の色彩を強めるSBGの先行きに大きな影が差している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます