「自動車の祭典」東京モーターショーが23日報道公開された。各社の展示では電気自動車(EV)が目立ち、具体的な発売時期を示したメーカーも増えてきた。環境規制が厳しくなっている海外でEVへの流れが強まり、ハイブリッド車(HV)が強かった日本市場にも及んでいるようだ。そんな中、量産EVでは他社の一歩先を行く日産自動車が、軽とSUV(スポーツ用多目的車)のEVコンセプトカー(試作車)を出展した。この試作車は、ゴーン前会長の不正問題で揺れる日産の先行きを占う重要な意味を持つ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます