北朝鮮の金桂寛・外務省元第1次官は24日、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長とトランプ米大統領との関係について「信頼が依然として維持されている」とする談話を出した。朝鮮中央通信が同日伝えた。非核化をめぐる米朝協議が停滞する中、米朝トップ同士の「親交」を強調し、米側に譲歩を迫るねらいがあるとみられる。

無断転載・複製を禁じます