経済危機に陥っている南米アルゼンチンで27日、大統領選がある。中道右派のマウリシオ・マクリ大統領(60)は財政再建を進めようとしたが、経済成長が実現しなかったうえ、国際通貨基金(IMF)から融資を受けたことで国内の反発が強まって失速。8月の予備選挙では左派が圧勝し、4年ぶりの政権交代が有力視されて…

無断転載・複製を禁じます