愛知県内で2017年、当時19歳の実の娘に性的暴行を加えたとして準強制性交等罪に問われ、一審で無罪判決が出た男性被告の控訴審が始まった。検察側は一審判決に事実誤認があると指摘した。焦点となっているのは、抵抗することが著しく困難な「抗拒(こうきょ)不能」の状態の判断。一審で、過去の判例で、どのように判断されたのか。性犯罪に詳しい甲南大学法科大学院の園田寿教授(刑法)に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます