日本郵政傘下のかんぽ生命保険の不正販売問題で、「顧客に不利益を与えた可能性がある契約」として調査を急ぐ約18万件のほかに、不正が疑われる契約が多数あるとみられることが朝日新聞の取材でわかった。かんぽは約3千万件ある全契約の調査も徐々に進めるが、優先順位は低く、対応が後手に回る懸念が強い。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます