米航空機大手ボーイングの最新鋭小型機「737MAX」の連続墜落事故をめぐり、同社のデニス・ミュイレンバーグ最高経営責任者(CEO)は29、30の両日、米連邦議会の上下院でそれぞれ証言する。29日の冒頭発言でミュイレンバーグ氏は「我々は過ちを犯した」と認め、再発防止に全力を挙げる考えを強調した。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます