バスや鉄道、タクシーといった複数の交通機関の中から最適な移動手段を提供し、移動をスムーズにする「MaaS」(モビリティー・アズ・ア・サービス)の実証実験が、11月から静岡市で実施される。主導するのは市や静岡鉄道などでつくるプロジェクト団体。AI(人工知能)の分析に基づく相乗りシステムを一部のタクシーで導入し、交通サービス改善への糸口を探る。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます