10月31日に焼失した首里城(那覇市)が体現してきた「沖縄の心」とはなんだったのか。沖縄初の芥川賞作家で、戦前戦後の沖縄を見つめ続けてきた大城立裕さん(94)に聞いた。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます