企業の業務が多様化、国際化する中、様々な国籍の社員がともに働くことは珍しくありません。そうした状況に合わせて、社内の「公用語」を英語にする動きが広がってきました。一方、よりわかりやすい日本語を話し、外国人社員とのコミュニケーションを円滑にしようとする動きも出ています。会議は日本語と英語が混じることもあり、日本人が日本語のわかりやすい表現を学ぶ――。フリマアプリ大手のメルカリが続ける試みを追いました。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます