米連邦準備制度理事会(FRB)が30日、3会合連続で利下げを決めた。一方で、日本銀行は翌31日の会合で追加緩和を見送りつつ、将来的にマイナス金利をさらに引き下げる「深掘り」の可能性を示した。世界経済の減速が続くなか、両中銀とも緩和余地を残しつつ、金融市場の緩和期待のつなぎとめに苦慮している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます