仏自動車大手ルノーとの経営統合を模索していた欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が31日、プジョーやシトロエンを傘下に持つ仏グループPSAと対等合併することで合意した。ルノーとの破談からわずか5カ月でのスピード合意で、販売台数で世界4位に浮上する。規模拡大を通じて、次世代車の開発を強化できるかが今後の焦点になる。統合効果を高めるには、ブランドの整理なども課題になりそうだ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます