医師といえば白衣を着て診察室にドンと座るイメージだったが、普段着で街に出て住民たちと交流するケースが目立ってきた。「街(まち)ドク」「コミュニティードクター」と称される。超高齢化が進む中、地域で人のつながりをつくり、心身の健康を保つ取り組みとして注目されつつある。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます