法務省の大村入国管理センター(長崎県大村市)に収容中のブラジル人男性(31)が12日、国に慰謝料200万円を求める訴えを福岡地裁に起こした。センター内で突然、母国への強制送還を告げられ、成田空港への往復で計約40時間、車内に拘束され精神的苦痛を受けたと主張している。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます