手軽に持ち運べて味わえる「缶コーヒー」が今年、誕生から半世紀を迎えた。ミルク入りコーヒーを缶に詰め、1969年に世界で初めて市販したのがUCC上島珈琲(神戸市)。コーヒーの種類や飲み方が多様化するなか、茶と白、赤の3色を基調とするデザインとともに味を守り続ける。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます