醸造用ブドウの収穫年の良しあしを示す「ビンテージチャート」について、山梨県ワイン酒造組合が、今年の評価を最高の五つ星に対して二つ星(やや不良)と決めた。11年ぶりの厳しい評価で、ワイナリーにとっては「試練」の年になった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます