高校野球の秋季四国地区大会は2日、明徳義塾(高知3位)が高知中央(同1位)を16―1で下して決勝に進み、来春の選抜大会出場を事実上「当確」させた。県大会で惜敗した相手に雪辱し、馬淵史郎監督は満足そうに故事成語を口にした。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます