来年の東京五輪の50キロ競歩で代表に内定した東洋大の川野将虎(まさとら)選手(21)が実家のある静岡県小山町に里帰りし、2日、池谷晴一町長を表敬訪問した。故郷の山で積み重ねた練習で「足腰も心拍も鍛えられた」といい、五輪での活躍を誓った。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます