南アフリカ代表が3度目の優勝を決めたラグビー・ワールドカップ(W杯)。決勝があった2日、黒人初の主将を務めたシヤ・コリシ選手の故郷の競技場には、2千人近い人が詰めかけた。勝利した瞬間には一帯に車のクラクションが響き、車窓から国旗が振られるなど、お祭り騒ぎになった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます