フィギュアスケートの西日本ジュニア選手権は4日、大津市の滋賀県立アイスアリーナで女子フリーがあり、選手と俳優の二刀流を続ける15歳の本田望結(関大中)は87・21点で16位。総合135・48点で17位にとどまり、3年連続の全日本ジュニア選手権進出はならなかった。優勝はショートプログラム(SP)で首位に立った河辺愛菜(関大ク)。フリーも114・91点の1位で、総合179・09点だった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます