東南アジア諸国連合(ASEAN)が4日に開いた米国との首脳会議で、ASEAN側は首脳の出席を10カ国のうち3カ国にとどめた。米国が首脳級とはかけ離れた代表団を派遣したことへの反発とみられ、東南アジアにおける米国の影響力の低下につながりかねないとの指摘が出ている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます