KAWASAKIしんゆり映画祭は4日夜、ドキュメンタリー「主戦場」が上映され、閉幕した。川崎市の懸念を受け、開幕時点では上映が見送られることになっていたが、映画関係者らから抗議の声が上がったため、一転して上映する運びとなった。ボランティア主体の「手づくり映画祭」は、表現の自由を考える場になった。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます