中国政府の対台湾政策を担う国務院台湾事務弁公室は4日、海外で事故や災害に巻き込まれた台湾人を中国の大使館が保護するなど、台湾人を中国人と同様に待遇する26項目の施策を公表した。台湾で来年1月にある総統選を前に、台湾世論の反中感情を懐柔する狙いがあるとみられる。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます