憲法9条の下で集団的自衛権は行使できないとする長年の政府解釈を覆し、2015年9月に安全保障関連法が成立してから4年余り。当時の反対運動の熱気はみられないが、その違憲性を問う訴訟が各地で続く。「法の番人」として9条の解釈に心血を注いできた一人の元官僚が、法廷で証言を続けている。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます