ずさんな管理のまま老朽化する分譲マンションの「終活」が課題になっている。滋賀県野洲(やす)市は今月下旬にも、だれも住まなくなった建物の解体に踏み切る。私有財産の処理に巨額の公金を費やす極めて異例の事態だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます