広島県出身で初の首相となった海軍大将、加藤友三郎の銅像を建てる有志らの運動が、かつて海軍の拠点があった呉市で始まった。第1次世界大戦後の軍縮期に、軍備削減やシベリア撤兵などを断行した軍人政治家としての功績を語り継ぐことが目的だ。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます