ソフトバンクグループ(SBG)の2019年9月中間決算は、ファンド事業で投資した米ウィーワークなどの企業価値が急落したため、その巨額評価損で15年ぶりの営業赤字に転落した。6日午後に都内で会見した孫正義会長兼社長は「ボロボロの決算」と語った。会見での冒頭発言と記者団との主な一問一答は次のとおり。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます