日本酒を造る技術の向上を目的に東海地方の日本酒の出来栄えを競う「酒類鑑評会」の表彰式が6日、名古屋国税局であった。75の業者が出品した吟醸、純米、本醸造の237点から78点が優等賞に選ばれ、成績上位の3酒蔵が代表で表彰された。…[続きを読む]

無断転載・複製を禁じます